2018年11月

結果

193

柴崎

経験がなさすぎか脚が一杯か 

しかし太田は抑えるのが遅い 

残り2周で抑えて下げる脇本ではない



結果的には突っ張りの脇本は、サラ脚の浅井にやられた。

奥深い



競輪祭決勝

S961 27 5 3 48

3連覇が懸かる脇本には柴崎が番手
三谷の脱落で巡ってきた千載一遇のチャンス
浅井が①番者で脇本は楽々前受け

渋々先行の太田は流してしまい、平原に切られる
しかし、切った平原にかます脇本を更に捲る脚はすでにない。

また柴崎に飛びつけるほど、甘いスピードで脇本が来るはずもなく
柴崎に番手を回した以上、浅井は捲りを止める援護の一手

961
9-6=735

脇本が、中部の二人を連れ込みたくないなら・・・

3=295ー295